五山送り火

五山送り火

8月16日、五山送り火でご先祖の霊を見送ってまいりました。

 送り火の起源は諸説に分かれるところなのですが、300年前とも500年前ともいわれているそうです。
その炎はお精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされています。
「大」「妙・法」の文字と「鳥居」、「船」の形が次々に浮かび上がると「お〜」「でかいー」と口々に言っていました。
時々「大文字焼き」と言われる方がおられますが「焼き」ではないですよ 笑 「送り火」でございます。
屋上からは右大文字(如意ヶ嶽)・船形(西賀茂船山)が良く見え、京都の夏が終わったな〜と感じる風が爽やかに流れていきました。
カテゴリー:京都


@seawings_groupをフォロー